仙台雑煮のレシピ

仙台雑煮のレシピ


仙台雑煮

「海の幸」「山の幸」を贅沢に使った豪華な仙台雑煮です!

仙台雑煮は「海の幸」「山の幸」をふんだんに使った豪華さで有名である。 松島湾で取れた【はぜ】の焼き干しで出汁を撮り、凍みらせた「ひき菜」、凍み豆腐、からとり(里芋の茎を干したもの)、セリ、はらこ等を入れるのが特徴。

仙台雑煮の作り方

(1) 大根、にんじん、ごぼうを千切りにし,ゆでてザルに取り、野外に一晩おいて凍らせる。(これを「ひき菜」という)※冷凍庫で凍らせても良い。
(2) からとりは小さく、凍み豆腐は短冊に、それぞれ湯で戻す。
(3) 鍋に水とはぜを入れて火にかける。沸騰したところで弱火にし10分煮てから調味する。
(4) (3)にひき菜、凍み豆腐、からとりを加え、味がしみてきたところでなると、はらこを入れ火を止める。
(5) お椀に焼いた切り餅とはぜを盛り、その上に具(“おこう”という)をたっぷりのせ、せりを添えて熱い汁を注ぎ、供す

お雑煮の材料(4人分)

  • 焼きはぜ…4尾
  • 大根…10cm
  • にんじん…1/2本
  • ごぼう…1/2本
  • からとり(ずいき)…1本
  • 凍み豆腐…2枚
  • せり…1/4束
  • なると…1/3本
  • はらこ…50g
  • 切り餅…8個
  • 水…5C
  • しょう油…大さじ1
  • 塩…小さじ1位
  • 酒…大さじ1と1/2