仙台初売りとは

仙台初売りとは


年の初めの伝統行事「仙台初売り」

世界各地には、その国ごとに特徴あるセールがあります。 たとえばアメリカなら11月の感謝祭(サンクスギビングデー)の翌日からスタートする大規模なセール、 オーストラリアなら12月のクリスマス翌日から始まるセール、といった具合です。 そして、日本で行われるセールで忘れてはならないのが正月恒例の「初売り」です。

日本では昔から、1月2日は「事始め(ことはじめ)」といって、新年を迎えて初めての「事」を行うのに縁起の良い日とされてきました。 たとえば、書を習っている人なら「書き初め」を、楽器を習っている人なら「弾き初め」を、また商店では初めて商品を出荷する「初荷」、初めて商品を売る「初売り」などを行います。 毎年1月2日に行われる「仙台初売り」もまた、そうした考え方から生まれた行事のひとつです。

仙台初売りとは

「仙台初売り」の歴史は古く、藩政時代の文化文政年間(1804〜1824年)に発行された 『仙台年中行事』という書物に「2日朝早くから店の格子戸を叩いて初売り初買い……」という記述が残っており、 当時すでに仙台藩のみならず広く藩外にも知られた行事であったことがうかがえます。

このように古くから続くお正月の伝統行事である「仙台初売り」は、200年以上の時を経た今もなお、 仙台市内の商店街および百貨店・専門店などに受け継がれ、国内最大規模を誇る「初売り」として国内外からも注目を集める存在となっています。

その日、市中心部の商店街は、早朝から繰り出した大勢の買い物客と彼らをもてなす和太鼓の演奏や獅子舞い、甘酒のお振る舞いなどで、お祭りのような賑わいを見せます。 買い物客の目当ては、価格以上の商品が詰まった福袋や福箱(茶箱)、割増し商品券など。 日本一といわれる「仙台初売り」の豪華な景品は、「歴史ある商習慣に基づくもの」との理由で、 国の機関である公正取引委員会から正月3日間のみ旧仙台藩地域に限り、特例として認められているものです。

「仙台初売り」は一般的なセールとは異なり、売る人も買う人も、それぞれが一年の幸福を願う伝統的な行事です。

仙台初売りとは
仙台初売りとは

商売繁盛をもたらす福の神「仙台四郎」

「笑う門には福来る」のことわざ通り、仙台にはかつて笑顔で福を招いていた男がいました。 市内には、今でも商売繁盛の神様として、おだやかな笑顔を浮かべた男性の古びた写真や置物、色紙などを飾っている店が少なくありません。 彼の名前は、「仙台四郎」。江戸時代末期から明治35年頃にかけて、仙台に実在した人物です。

鉄砲職人の家に生まれた「仙台四郎」は、人とほとんど話をせず、毎日のように街を歩き回って過ごしていました。 その性格は純真で、愛嬌のある顔立ちをしていたこともあり、街の人々から好かれていました。 特に子どもが大好きで、子どもの近くにいるときはいつも機嫌よく笑顔を浮かべていたそうです。

不思議なことに彼が立ち寄る店は必ず繁盛し、人が集まるようになったため、どこの店でも大切にもてなされました。 また、「四郎が抱いた子どもは丈夫に育つ」といわれるなど、当時は大変な人気者だったということです。

こうした伝説から、「仙台四郎」は福を招く“福の神”として、今なお仙台の人々に愛され続けています。 クリスロード商店街にある「三瀧山不動院」には今でも「仙台四郎」が祀られており、商売繁盛を願う人々が手を合わせています。

三瀧山不動院
http://www.mitakisan.com/shiro.html

仙台初売りとは